電波をもっと便利に!リバブレーションチャンバーの役割とは

アンテナの評価ができる

私たちが持つスマートフォンには、無線の電波が使われていますよね。無線を安定させるには、電波を送受信するためのアンテナが大事になってくるんです。リバブレーションチャンバーは、実際に使われている無線環境を作ることによって、アンテナの評価ができるんですよ。受信感度が良いか、ノイズが大きく発生していないかなど、さまざまな項目を測定することができるんです。電波が安定していれば、スマートフォンも快適に使えるでしょう。

電波の特性を調べられる

大きなビルが集中したエリアなどでは、スマートフォンの電波がうまく受信できなかったりしますよね。電波には特性があり、場所によって電波状況も変わってくるんです。リバブレーションチャンバーを使えば、電波の特性も調べられるんですよ。電波を安定して供給するには、電波の特性をしっかり把握しておかなければなりません。電波を発信する基地局は、周辺の環境に合わせて適切な電波を送ることで、電波状況の改善を目指していますね。

ノイズの対策ができる

電波がたくさん使われている場所では、どうしてもノイズが発生しやすくなってしまうんです。ノイズが発生してしまうと、電波も不安定になり、通信が途切れてしまう場合があるんですね。リバブレーションチャンバーはノイズの測定ができるので、ノイズの対策もしっかり行えるようになるんです。ノイズを抑えることができれば、電波も安定して使えるようになるでしょう。電波は私たちの生活を便利にしてくれる、とても大事なものですよね。

リバブレーションチャンバーとは、反射反響室のことで電磁波環境試験室のことを指します。長時間にわたって反響するように設計されています。

Category: 未分類

- 2016年8月24日